ワンウェイウォーターを知る

image54

ワンウェイウォーターサーバーまるわかり表

キャンペーン

・夏のワクワクキャンペーン

水の種類

 

 

 

・富士の銘水 彩

・天然水 12リットル 1944円(税抜き) バナジウム5.8

・日田天然水 天寿の水

・天然水 12リットル 1944円(税抜き) 有機ゲルマニウム0.4

・奥京都 古都の湧き水

・天然水 12リットル 2052円(税抜き) バランス型

・金城の華

・天然水 12リットル 1954円(税抜き) アルカリイオン水

・プレミアムプラス

・RO水 12リットル 1274円(税抜き)

サーバーの種類

  

smartサーバー

・レンタル料0円 電気代約月500円

メンテナンス費はセルフで行えるため0円

ボトルバスケットといってボトルを下に設置できるサーバー。

エコ機能を搭載&オートクリーンシステムでエアレスタイプのサーバー

 stylishサーバー  ・レンタル料0円 電気代約月1000円

メンテナンス費はセルフで行えるため0円

オートクリーンシステムでエアレスタイプのサーバー

宅配地域

 全国

ボトルノルマ

月に2本からの定期制(プレミアムプラスのみ月に3本以上)

 

実際に使用した時の予想月々の費用

すべてのサーバーで公平になるように、1ヶ月の使用する宅配水の量を48Lで計算し電気代はもちろん、メンテナンス料金も含めた月当たりの費用を計算しました。

ワンウェイウォーターをレンタルした場合です。

サーバー代+メンテナンス代+電気代+宅配水48L=合計

0円+0円+500円+7776円=8276円

ワンウェイウォーターは1ヶ月料理までたっぷりと使用して月々8276円で設置することが出来ました。

 

 

ワンウェイウォーターを調べてみて感じたこと

 サーバーの機能で他社にない性能としてボトルバスケットという機能があります。これはウォーターサーバーのボトルを持ち上げないでもセットできるように、サーバーの下にセットできるシステムです。

ワンウェイウォーターのボトルは12リットルタイプなので女性にハ結構設置するのがしんどかったのですが、ボトルバスケットというシステムができたことによってより手軽になったと思います。

しかしあくまっで設置が楽なだけであって、ボトルの移動などは従来と変わらないため、できればボトル自体のサイズを小さくしたもので統一したほうが良いと感じました。

 

ワンウェイウォーター水

天然水のさーばーで4種類の水から選べるという付加価値は良いのですが、価格が若干高めに設定されていると感じる価格になっていると思います。

 

同じ天然水であれば、サーバーの質も高く、価格も安いキリンのウォーターサーバーのほうが私的にはお勧めできます。

 

 

ワンウェイウォーターの詳しい明細は販売元HPでご確認ください

 

a_btn041ワンウェイウォーター 公式HPへ

 

ウォーターサーバーの紹介TOPページへ戻る

サブコンテンツ

あのKIRINからウォーターサーバーが登場

kirin

ビールや飲料水では誰もが知っているキリンから実はウォーターサーバーが登場!

ウォーターサーバー選びでは一番重要な「安心」

 

誰もが知っている飲料水メーカーのキリンだから「超安心」レベル!!

 

しかもサーバーレンタル代【無料】+送料【無料】+メンテナンス【無料】でかかるのは水のお金だけ。

 

サーバーのデザインも、使い勝手もとことん考えられたサーバーになっており「キリンの本気」にびっくりしますいち

 

ウォーターサーバーを検討している方にはKIRINのウォーターサーバー を一度ご覧ください。

 

a_btn047キリンのHPはこちらからa_btn047

 

 

このページの先頭へ