ウォーターサーバーの仕組みについて

ウォーターサーバーの仕組みは、水を宅配してもらい、サーバーにセットすることでいつでも冷水と温水が出るようになる便利なシステムです。

またサーバーの種類や水の種類も豊富にあり、自分のスタイルに合わせて選ぶことができます。

仕組みは、サーバー内には水をためるタンクがあり、そのタンクに水が送られます。

タンク内は温水と冷水になっているので、そのままコックをひねると冷水と温水が出てくるというのが一般的なサーバーになります。

わかりやすく言うと、サーバー内に水を冷やす冷蔵庫と、お湯をあっためて保管しておくポットがセットになったようなものです。

厳密にいえばもっと考えられているのでここまで簡単ではありませんが。

まあ簡単にいうとこんな仕組みで冷水と温水が出てくるのです。

 

サーバーの種類はざっくりと以下の感じです。

  • ワンウェイボトルタイプ(ボトルの使い捨てタイプ)
  • リターナルタイプ(ボトルの使いまわしタイプ)
  • 卓上タイプ
  • 床置きタイプ
  • 水のセットが上
  • 水のセットが下
  • 冷水のみのタイプ
  • 冷水温水タイプ
  • エコ機能付きタイプ
  • キャラクターサーバータイプ

これ以外にも様々なタイプのサーバーが登場しています。

 

水については大きく分けると2つ

  • 天然水
  • RO水

天然水は名前の通り天然の山から出る水のことを言い、RO水とは水道水と同じ水を専用のろ過機でろ過をした水のことを言います。

 

宅配方式も宅急便を利用して水を宅配するサービズや、自社で運営を行っている配達員が宅配をしてくれるサービスがあります。

まずは自分の地域にどのウォーターサーバーがあるのかを調べてみてください。

 

その中で自分が一番いいと思うウォーターサーバーを検討することが重要です。

なかにはお世辞でも安心とは言いがたいウォーターサーバーもあるのでよく調べることが必要です。

 

 

a_btn041 ウォーターサーバーを知るTOPページへ戻る

 

サブコンテンツ

あのKIRINからウォーターサーバーが登場

kirin

ビールや飲料水では誰もが知っているキリンから実はウォーターサーバーが登場!

ウォーターサーバー選びでは一番重要な「安心」

 

誰もが知っている飲料水メーカーのキリンだから「超安心」レベル!!

 

しかもサーバーレンタル代【無料】+送料【無料】+メンテナンス【無料】でかかるのは水のお金だけ。

 

サーバーのデザインも、使い勝手もとことん考えられたサーバーになっており「キリンの本気」にびっくりしますいち

 

ウォーターサーバーを検討している方にはKIRINのウォーターサーバー を一度ご覧ください。

 

a_btn047キリンのHPはこちらからa_btn047

 

 

このページの先頭へ