水と放射線について知る

水道水から放射線物質が出たのは記憶に新しいと思います。

 

これは3、11の地震の影響で福島第一原発の使用済み燃料プールと燃料などの影響と見られており、大気中に出た放射線物質が雨に混じり川に流れたり、放射線物質が風によって直接放射線物質の影響が受けたことが原因とされています。

 

今回の事故によって国の水道水に含まれる放射線の基準値が、ヨウ素131は10ベクレルから300ベクレルヘ、セシウム137は10ベクレルから200ベクレルへと変更になり、あくまでも非常的な措置ではあるものの体への影響が不安視されるようになりました。

 

今回検出された放射線物質は金町浄水場で3月22日にヨウ素131が210デシベルとなりました。

 

また同じ自治体でも川の水を原水とする浄水場では検出されたのですが、地下水を水源とする浄水場では検出されませんでした。

 

これは比較的深いところに有る地下水は放射線物質の影響を受けにくいためです。

 

地表に積もった放射線物質は雨によって地面に染み込むのですが地表から数センチメートルのところにとどまり、地表不覚までは浸透しないためでした。

 

ですので地下深くから採取される天然水や地下水は放射線の影響を受けていないようです。

 

実際に今までの検査報告の中からも放射線物質が検出されることはありませんでした。

 

そうは言っても、自分の近くの水道水が地下からではなく川からの水を原水とする浄水場の人も多いはずです。

そんな方は、水道水を自分で浄水すればある程度の放射線物質は取り除けます。

 

確実に取り除きたいっと考えている方はRO しかありません。

簡単な方法では活性炭での洗浄方法です。

 

これは水のなかに活性炭をいれるだけで放射線物質をある程度の除去できるという実験結果が出ています。

 

簡単な方法で水道水も美味しくなるのですぐに試すことができますよ。ホームセンターなどにも家庭用の浄水器として手に入れることができます。

 

a_btn041 水の安全性について知るTOPへ戻る

 

サブコンテンツ

あのKIRINからウォーターサーバーが登場

kirin

ビールや飲料水では誰もが知っているキリンから実はウォーターサーバーが登場!

ウォーターサーバー選びでは一番重要な「安心」

 

誰もが知っている飲料水メーカーのキリンだから「超安心」レベル!!

 

しかもサーバーレンタル代【無料】+送料【無料】+メンテナンス【無料】でかかるのは水のお金だけ。

 

サーバーのデザインも、使い勝手もとことん考えられたサーバーになっており「キリンの本気」にびっくりしますいち

 

ウォーターサーバーを検討している方にはKIRINのウォーターサーバー を一度ご覧ください。

 

a_btn047キリンのHPはこちらからa_btn047

 

 

このページの先頭へ