水で食事がおいしくなる

ご飯は水がないと作れませんよね。

食事には水が深くかかわっていて水の種類によって相性の良いもの悪いものがあるんです。

 

日本食には軟水が相性がよく、洋食には硬水が相性がいいのです

 

これはその土地からわき出る水から食文化が生まれ、軟水の水がほとんどの日本では、軟水の水に合う和食文化が生まれ、硬水の水が多い海外では硬水に合う洋食が生まれました。

 

軟水の水はミネラルが少なく、それを補おうとして、ミネラルのとれる素材を使った料理が生まれたのです。

しかも日本の関西と関東でも水の高度の違いから食の違いが生まれたほどです。

 

関西では水の高度が比較的低いため、昆布だしがよく出るので昆布だしが主体になりました。

 

関東では関西に比べ高度が高いので昆布に比べて鰹だしの方が旨味を出すことができた為、関東では鰹節の文化が生まれたのです。

 

このようにその料理にあった水を使用することによってより美味しく健康を維持できる食を楽しむことができるのです。

 

しかし日本にも洋食の文化が根付き、洋食ではミネラルをご飯からだけでは補うことができません。

 

しかし軟水の水を飲んでいるため、水からもミネラルを補うことができないので近年では日本ではミネラル不足による脳梗塞や心筋梗塞などの病気にかかる人が増えてしまったのです。 

 

このようにごはんと水はかなり深い関係にあります。

お米については米をとぐときに実はかなり多くの水分をお米が吸ってしまいます。

 

お米を研ぐときの1回目だけを、ウォーターサーバーの水を使って焚いてもらうだけでいつもよりも数段おいしいお米に仕上がります。

 

またお肉料理には硬水の水を使用して煮込んだりすることでお肉が柔らかくなったり、出しを取るときは軟水の水を使用することでより風味の強いおいしい出しを取ることができます。

是非試してみてください。

 

 

a_btn041 水と食を知るTOPへ戻る

 

サブコンテンツ

あのKIRINからウォーターサーバーが登場

kirin

ビールや飲料水では誰もが知っているキリンから実はウォーターサーバーが登場!

ウォーターサーバー選びでは一番重要な「安心」

 

誰もが知っている飲料水メーカーのキリンだから「超安心」レベル!!

 

しかもサーバーレンタル代【無料】+送料【無料】+メンテナンス【無料】でかかるのは水のお金だけ。

 

サーバーのデザインも、使い勝手もとことん考えられたサーバーになっており「キリンの本気」にびっくりしますいち

 

ウォーターサーバーを検討している方にはKIRINのウォーターサーバー を一度ご覧ください。

 

a_btn047キリンのHPはこちらからa_btn047

 

 

このページの先頭へ